フォーエバー製品を高額買取している秘密厳守の安全な会社をリストアップ!

在庫リスクが低いMLM会社と商品の選び方!

在庫リスクが低いMLM会社と商品の選び方!

MLMは個人が商品を企業から購入し、宣伝・紹介することによって良さを広め、ユーザーを増やして販売を拡大していく形態が特徴です。だからこそ、オフィスを持たないSOHOでもできるビジネスとして人気が高いのでしょう。製品自体の品質の良さもあり、上手く行けばコストを抑えて売上を伸ばしていくことができますが、増えてしまった在庫によって赤字になってしまうケースもあるようです。今回はMLMで在庫を抱えてしまうリスクと原因、解決策についてお話させていただきます。

Contents

損失リスクが高い在庫は4種類!

商品を仕入れて販売するMLMビジネスにおいて、顧客の要望に迅速に対応するのは、常に一定量の在庫を確保しておかなければなりません。その反面、下記のような損失リスクの高い在庫に限っては、できるだけ量が増えない内に対処すべき「処分対象」となります。

▼損失に繋がる在庫の種類

  • 余剰在庫:過剰仕入れによって売れ残ったが、品質には問題がない在庫
  • 滞留在庫:多少なりとも品質や状態に問題があり、商品価値が低下している
  • デッドストック:賞味期限切れや流行遅れなど、商品価値が著しく損なわれている
  • 不良在庫:腐敗や色落ちなど、他商品の価値まで下げる可能性がある

時間が経つほど悪化する!在庫リスク4つ

委託販売を行っていると、いつの間にか溜まってしまうのが「余剰在庫」や「滞留在庫」。中には、「気付いたら身動きが取れなくなっていた」というディストリビューターも少なくありません。そもそも、長期間にわたって在庫を抱えているとビジネス上どのようなリスクが生じるのでしょうか。この段落では、代表的な4つの在庫リスクについて解説していきます。

プロダクトの品質が損なわれて商品価値が低下する

仕入れた当初は単なる余剰在庫だった商品も、時間が経つにつれて商品価値が低下して滞留在庫へ、さらにデッドストックから不良在庫へと徐々に格下げしていきます。中には「保存状態や取り扱いには気を配っているから大丈夫」という方も多いでしょう。しかし、たとえ適切な保管状態が保たれていたとしても、努力だけでは避けられないのが下記のようなリスクです。

▼保存状態を問わない在庫リスク

  • 消費期限切れ
  • トレンド遅れ
  • モデルチェンジに伴う型落ち

特に、警戒すべきなのが現在MLMビジネスの主流となっている健康食品やサプリメント、化粧品といった消費期限が定められている商品でしょう。このように、商品の価値は損傷や摩耗といった目に見えるダメージがなくても、時間が経過するだけで損なわれていくのです。

商品価値が低下して買取価格が安くなる

商品価値が低下していない余剰在庫であれば、高額買取も見込めます。これに対し、急激に買取価格が安くなるのが滞留在庫です。賞味期限が近づいていたりパッケージが損傷していたりする滞留在庫を高値で買い取ってくれる業者は、そう多くはありません。

また、本来の機能は発揮できないほど品質が損なわれているデッドストック、腐敗や色落ちによって他の商品の価値まで下げかねない不良在庫にいたっては、たとえMLM専門の業者であっても買い取ってもらえる可能性すら低いのです。

保管コストが上昇して損失が膨らむ

個人的に使うためならともかく、MLMビジネスとしてプロダクトを購入している場合は、下記のような理由からトランクルームなどをレンタルしているディストリビューターも少なくありません。

▼保管コストが発生するケース

  • 成功するまで家族には内緒にしておきたい
  • ビジネスの状況を家族に詮索されたり、心配されたりするのが負担
  • サイドビジネスで副収入を得ていることを、家族に知られたくない
  • ビジネスのネットワーク拡大に成功し、自宅だけでは保管スペースが足りない
  • 限られた自宅のスペースを、売れ残った在庫が詰まった段ボール箱に占領されたくない

ここで問題となるのが、在庫を保管するスペースを確保するために発生する「ランニングコスト」です。正常な循環サイクルが維持できているなら、トランクルームなどのレンタル料金を支払っても利益は確保できるでしょう。しかし、売れる見込みが低い滞留在庫やデッドストックなどに対して支払う保管コストは、損失を膨らませるマイナス要因でしかありません。

家族の協力が得にくくなる

委託販売システムを採用しているMLMは、個人でも挑戦しやすい合法ネットワークビジネスの一種です。そのため、ほとんどのディストリビューターがSOHOや副業として携わっています。自宅の一室で仕入れた商品を保管している場合は、さほど大きなコストは発生しないでしょう。

しかし、保管コストが発生しないからといって無視できないのが、家族から不評を買うネガティブリスクです。MLMをリタイアした人の中には、いつまで経っても減らない滞留在庫がきっかけで、協力的だった家族の反応が下記のように変化した、というケースも珍しくありません。

  • 「やめた方が良いのでは…」と説得された
  • 「本当は、上手くいっていないのでは?」と疑われた

このように、「在庫」は「罪庫」と呼ばれるほど多くのデメリットをもたらす存在です。売れる見込みのない在庫を処分せずに放置しておくリスクを考慮すると、できるだけ商品価値が高いうちに手放すのもネットワークビジネスを長続きさせる賢い選択と言えるでしょう。

MLMで不要な在庫が増える原因は?タイプ別に解説

MLMで在庫を抱えがちになってしまう原因は、販売方法によって大きく2通りに分けられます。

「販売型」MLMで在庫が溜まる仕組み

販売型は、MLMを行っている会社から自分で製品を購入し、購入者へ自分で販売するという方法です。そのため、自分で在庫を持つことが前提となります。自分の販売能力や見込みにあった仕入れを行っていれば問題はないのですが、過剰に仕入れをしてしまう場合があります。

在庫を抱える最大の理由は、一度に大量に購入した場合に単価が下がるという割引制度があるからです。すぐに売れなくても、安く大量に仕入れておけばいつでも自分のペースで販売できますが、販売に行き詰まってしまうと大量の在庫に悩まされることになります。その反面、使用期限や賞味期限がない製品であれば、時間とともに製品が売れて在庫の問題が解決する可能性があります。

「紹介型/購買型」MLMで在庫が溜まる仕組み

紹介型とは、自分で在庫を持って売るのではなく、購入者に製品の購入方法を紹介し、その人に自分でMLM会社から製品を購入してもらう方法です。これなら自分で在庫を抱える必要がなく、製品は自分が消費する分だけ購入すればよいので「購買型」とも呼ばれるのです。

しかし、この場合でも在庫が大量になってしまう場合があります。その原因となるのが「タイトル」と言われる制度で、一定の基準を満たして成果を上げた場合に得られる「タイトル」を定期的に授与するというシステムを取り入れているMLM会社が多いです。タイトルを獲得すると、報酬(ボーナス)が得られたり、上位になるにつれてその報酬範囲や報酬率が大きくなったりします。

紹介者の意欲を向上するには優れた制度ですが、タイトル獲得や維持のため自腹で製品を一時的に大量購入すると、結果的に在庫を抱えてしまいがいです。紹介型の場合は小売ができないので在庫を減らす方法がなく、自分でも消費しきれないまま製品の使用期限が過ぎてしまったり、質が落ちてしまった製品が大量に自宅に眠ってしまったりするリスクがあります。

在庫リスクが低いMLM会社の選び方

MLMを始める際に最も重要なのは「会社選び」と「製品選び」の2点です。MLMの目的として、第一に「製品の販売」と、「継続的に良い製品を流通させることによって人々に貢献する」という理念が根本になくてはなりません。一時的に大量に製品を売りたいだけ、または紹介料や手数料を増やして稼ぎたいだけのシステムを採用している会社は、遅かれ早かれ行き詰まる可能性があります。

実際、日本には1000社以上のMLM会社があると言われていますが、息の長い会社は意外と少なく、目的を達成する前に潰れてしまう会社が多いのが実情です。最低でも創業から5年の歴史があり、直近の数年間の売上や業績をチェックしましょう。そうすることでその会社の扱う製品やサービスの質が本当によいものであるか、また製品が現在需要のあるものなのかを判断する材料になります。

在庫リスクが低いMLM商品の選び方

一口に在庫リスクが低い商品といっても、販売方法や扱う製品のジャンルによって選び方は異なります。一般的にはサプリメントや健康食品、スキンケアやメイクアップなどの化粧品が有名ですが、家電製品や調理器具、美容家電や補正下着などもあり、選択肢の多さが選び難さの要因になっているようです。

しかも目に見える製品だけでなく、旅行や金融、格安携帯電話や電力といったサービスをメインに扱っている会社も少なくありません。実に多様なMLM製品の中から在庫リスクが低い製品を選ぶには、どうしたら良いのでしょうか。

販売方法による商品の選び方

販売方法や製品の種類によって、在庫が必要なものとそうでないものがあります。先に述べた「紹介型」の販売方法は、いわゆる口コミで製品の良さを伝えて購入方法を紹介するだけという方法なので、自分で在庫をもつ必要は原則としてありません。また、インターネットでのマーケティングが可能な会社であれば、SNS等で口コミを発信することもできます。

日用品や健康食品、化粧品などは使用期限や賞味期限があるため紹介型の形態であることが多いです。ちなみに、MLMが先行している海外では販売型よりも紹介型や購買型のネットワークビジネスが主流となりつつあり、リスクが少なく初期費用が少ないビジネスモデルとして広がりつつあります。

自分が良いと実感した商品

このように在庫が必要ない製品のタイプや販売方法は存在しますが、どれも自分で購入して試し、本当に自分が広めたいと思った製品で取り組むことが良いと思います。自分が興味のないものや、よく知らないままで販売を展開することは難しく、自分が広めた広告内容によってトラブルになってしまうこともありますので注意が必要です。

初心者でも始めやすく成功しやすい商品

初心者向けの代表的なプロダクトとして、「健康や美容に関する消耗品」が挙げられます。「健康」や「美」というものは、生きるために必要最低限の状態から、さらにより良い暮らしを求める時に必ず生まれるものです。健康や美容に関する消耗品が不動の人気を誇っているのは、それだけ多くの方が自分の生活やライフスタイルを今より向上させたいという欲求や希望を持っているからでしょう。

リピーターが生まれやすい商品

また、健康や美を維持できるための健康食品や化粧品は、ある程度の期間使い続けて効果が分かるものであり、効果があればそこから継続して同じ製品を使い続けるでしょう。「生活の質を上げるために役立つ消耗品」であるサプリメントや化粧品、スキンケア用品などは、リピーターが生まれやすく継続的な定期購入者をゲットしやすいのです。

口コミで広まりやすい製品

耐久消費財は一回の売り上げは高額ですが、リピートするためのサイクルが長くなり、途中で他の製品に取って代わられた場合、リピート自体が発生しなくなります。一方、消耗品には家電製品などの耐久消費財に比べて価格が安いため購入しやすく、気軽に試せることから口コミも一定の信ぴょう性を持って広めやすいというメリットがあるのです。

健康や美容面に対する効果は、実際に使用している人の体験談やその姿を見てもらうことで説得力が増します。扱う製品やジャンルを決めるときは、自分がその製品を宣伝しているイメージを持てるかどうか、実際の製品やサービスの質は価格に見合ったものであるかということを考慮して決定しましょう。

まとめ

このように、MLMをはじめとするネットワークビジネスは基本的にローコストで始めることができ、オフィスがなくても在宅で行える個人向けのビジネスです。インターネットの普及により、広告や口コミの伝え方も多様化しており、適切なマーケティングによって大きなチャンスが生まれます。

とはいえ、今回まとめたようにムダな在庫が大量に溜まってしまうリスクも無視できません。そんな時は製品の市場価値や使用期限、ご自身の販売見込みなどを考慮した上で、買取専門業者を利用するのも一つの方法です。